<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
 お刺身、と言ったら何を思い浮かべますか!?
 
 私は断然マグロ。トロが食べたい!などと贅沢は言わないけど、赤身のマグロをつんとワサビをきかせて食べるのは大好きだ。
 ハマチやブリも好き。ブリは特に父方の出身地(岐阜 高山)の風習で、子どもの頃からお正月には欠かせない食材だった。山間地ではブリは貴重品で、だから年越しのご馳走として食べられてきたのだと言う。「今年も一年無事に過ごせました、の“無事”と“ブリ”をかけて・・」云々という父の話が始まると、あぁ今年も一年終わったのだなぁと子供心に感じたものだ。
 実家では照り焼きにして食べていたけど、今わが家ではお刺身でいただく。少し贅沢になったもののご馳走には変わりない。
 
 ご馳走と言えば鯛という人もいるだろう。“めで鯛”食材、ハレの日に食べるご馳走という地位は日本全国どこへ行っても共通だろうとずっと思っていた。
 
 ・・違うのだ。ところかわれば、だったのだ。


b0126865_12295867.jpg

 
 岡山県備前市の日生(ひなせ)というところへ行ってきた。瀬戸内海に面した小さな港町。港からは小豆島へ渡る船が出ていたりするものの、鄙びた雰囲気のあるのどかなまちだ。
 ここは古くからの「鰆(さわら)」の産地の一つ。魚へんに春と書くこの魚は、5月から6月にかけて産卵のために播磨灘にやってくる。その漁の様子を取材させていただくのが目的だったのだが、私の興味はもうひとつあった。鰆の食べ方だ。
 
 わが家でも鰆はよく食べる。切り身で売られているのを買ってきて味噌漬けにして焼くと、柔らかい白身に味噌が香ばしく沁みてとても美味しい。一般的には甘い西京味噌に漬け込んだ「西京漬け」が有名なのではないだろうか。
 
 ところが岡山では鰆を刺身で食べるという。
 調べてみると、岡山県は鰆の消費量日本一なのだそうだ。産地なのだから新鮮な魚が手に入るというのもあるが、なんと岡山の市場には日本各地でとれる鰆が集まってくるのだという。
 それほどまでに鰆を食べる岡山県民。いったい岡山の人にとって、鰆ってどんな魚なんだろう?
 

 港に着きさっそく漁師さんたちにお話を伺うと
「5月に入ったら鰆、鰆、鰆」
「鰆とれたからいっぱいやろかってな」
「青年団の集まりや同窓会でも鰆料理」
「人が集まりゃ鰆切らんかってなるなぁ」
 と次々と飛び出す。
 鰆のとれる5月にはちょうど節句がある。子どもの日のご馳走は日生では「さわら寿し」。仲間が集まれば、もとは漁師料理だったという「炒り焼き」を囲む。ハレの日やめでたい席には必ず鰆が食卓にある。日生の人々にとって鰆とはそういう魚らしい。
 

 港での取材を終えた後、地元のスーパーにも立ち寄ってみた。目ざすは鮮魚売場。見慣れた切り身も確かにあったが、刺身売場のそれも特等席に「鰆の刺身」が鎮座している。お惣菜コーナーには「さわら寿し」が山積みになっている。
 
 ところが日生港からわずか10キロほど離れたところにあるスーパーには、鰆の刺身は影もカタチもない。もう1軒、全国展開する大手スーパーにも行ってみたがこちらにも全くない。不思議に思って地図を見てみたら、どちらのスーパーも住所は兵庫県赤穂市だった。
 岡山県の東の端に位置する日生と、兵庫県西端の赤穂市。わずか10キロの間に県境をまたいでしまったようだ。そして「鰆の刺身」境界線も。
 本当に岡山(南部)だけの食べ方だったんだなぁ。局地的な鰆への愛情にふれることができて、驚くとともになんだか嬉しくなった。
 

b0126865_12305692.jpg


 取材でいただいた「鰆のたたき」はほんとうに美味しかった。かつおのたたきよりもあっさりしていて皮が香ばしくて。名古屋でも食べられたらいいのに、と思ってはたと気づく。
 そうだ。これは日生に来て食べるからこそ旨いのだ。瀬戸内のおだやかな初夏の日差しの下、潮風に吹かれながら港町を歩き、日生の人々の温かい人情にふれながらいただく料理だからこそ。旅の楽しみはまさにそこにある。

 どうぞ岡山に行ったら美味しい鰆の刺身を探してみてください。
 

 
 この日取材させていただいた鰆漁の様子は、5月28日(金)のTBS系列「えなりかずき!そらナビ」で放送される予定です。なんとロケでは今年いちばんの豊漁だったとか。どうぞお楽しみに!
 最後になりましたが、日生漁協の天倉さんや漁師の松原さんはじめお世話になった日生の皆様、ほんとうにありがとうございました。名古屋に来たらぜひ「味噌煮込みうどん」食べて行ってくださいね。

[PR]
by aya_harumi | 2010-05-25 12:44 | 日記
 朝、犬の散歩をして川沿いの道を歩いていたら、風に吹かれて綿のようなものがふわふわと漂っていた。誰か羽毛布団でも解体した?っていうぐらいの量。
 川べりに降りてみるとさらにすごい量の綿毛が、川の中から舞い上がっているように見える。

 何これ!? 好奇心にかられて発生源を探すと、どうやら水辺に生えている木のあたりらしい。ところどころいちめん綿の穂だらけになっている木があって、風が吹くたびにぶわーーっと綿毛が舞い上がっているのだ。うわぁ、真下に立つとまるで綿毛のシャワーのよう!

b0126865_12543760.jpg



 降りしきる綿毛に、あたり一面真っ白。遊歩道の脇には吹きだまりのように綿の帯ができていた。

b0126865_135937.jpg



 いったい何の木だろう? 家に帰って調べてみたら、正体はヤナギの木らしい。そういえば、川べりの土手にヤナギが植わっていたような気がする。
 ヤナギと言えばしだれ柳。怪談話につきものなのもあってどこか物哀しいイメージだが、こんな時期があるなんて。五月晴れの青空に向けて盛大に綿毛を飛ばす様子は堂々として、命の輝きにあふれていた。


b0126865_1317047.jpg


 綿の中には、よく見ないとわからないほどの小さな小さな種がある。仰ぐほどの大木からは想像もできないほどの華奢な種。風にのって遠くまで種子を飛ばすために、余分な栄養は持たずにできるだけ身軽にしているのだという。うまく風にのれば1キロ先ぐらいまでは飛んでいくのだとか。確かに、散歩から帰る道すがら気をつけて見ていると、ふわふわと空中を漂っているものがあった。1キロどころか、町内全部に届いていそうなイキオイだ。

 ヤナギの種は数日間しか寿命がなく舞い降りたらすぐに発芽するそうだ。こんなにたくさん降り注いだらあちこちヤナギだらけになるんじゃないだろうか。
 ところが実際にはそうはならない。おそらく小さな種が発芽できる環境はごく限られているのだろう。適したところにうまく着地できたものだけが発芽できる。発芽できたとしても、大きな木に育つまでにはさまざまな試練があるのに違いない。だからこそ、子孫を残すために種子を遠くまで飛ばすようになったのだろう。
 
 そういえば昨日まで雨だった。土の地面はまだぬかるんでいるところもある。今日はうって変わって穏やかな晴天。微風。気温高め。ヤナギは湿潤なところを好むというから、今日盛大に種子を飛ばしているのは生存の確率を少しでも高めるためなのかもしれない。

 命のもつたくましさ。自然に組み込まれた精巧なプログラムにただただ畏れ入る。


b0126865_14124595.jpg


 散歩を終えて。体にほわほわとした綿毛がいっぱいついていた。うちの庭にヤナギが生えたら、こいつのせいだ。



 儚いヤナギの綿毛が風にのって運ばれていくのは応援したい気分になるが、空中を漂って広まってもらっては困るものもある。その最たるものがウィルスだろう。インフルエンザとか最近で言えば口蹄疫とか。宮崎の人々の苦難に思いを馳せつつ、一刻も早く終息することを願わずにはいられない。
[PR]
by aya_harumi | 2010-05-21 14:07 | 日記
b0126865_0465391.jpg


 大型だったらしい今年の連休、ポルックスはいつも以上にフル稼働。取材をし、台本を書き、ロケをこなし、編集作業にカンヅメになり、やっとこさ無事にナレーションを撮り終わり・・・と思ったら連休もすっかり終わっていました。あぁあ。


 制作していたのは、東海テレビ「スタイルプラス」の人気コーナー「東海仕事人列伝」。東海地方で働く方を取り上げ、仕事に対するこだわりや情熱を描く硬派のドキュメントだ。
 今回の仕事人は「ホテルの総料理長」。名古屋で最も古く、伝統と格式のある名古屋観光ホテルの総料理長を取材させていただいた。


 事前にした下調べによれば、名古屋観光ホテルの総料理長 森 繁夫氏は、フランスで最も権威のあるフランス料理アカデミーから正式に認められた、最高の技術を持つ料理職人の一人だ。名古屋に皇室や各国要人などVIPが訪れた時には必ず腕を振るう、日本を代表するグランシェフ。すらりと高〜いコック帽姿は威厳と貫禄たっぷり。でもインタビュー記事をいくつか読むと、とても気さくな人柄だという。いったいどんな方なんだろう?


 「すいません、遅くなりまして」
 いえいえいえ、とんでもない。私たちが約束の時間より少し早めに着いたのですから。という挨拶とともに始まった取材。話せば話すほど噂通り気さくな方で、しかもとてもお話上手。楽しくインタビューしているうちにあっという間に時間が経ってしまうほどだった。

 ふだんは温厚でも仕事は厳しい。「部下を怒鳴りつけたりすることもあるんですか?」と伺うと、「年に1〜2回はね」とニッコリとされた。
 誰よりも早く出社し、率先して現場に立つ。後輩に教える時は、まったく同じ条件で自分も一緒に料理を作ることもあるのだとか。
 そして人に対してだけでなく、自分に対してもそれ以上に厳しい。総料理長に昇り詰めてもなお、一人の料理人として新作料理を発表し続けていらっしゃる。「階段を一段上がるとまた違う景色が見えてくる」と言う。すごいなぁ。


 私はどうだろう。作家という仕事の一端に関わるようになってかれこれ20年。この道42年の森料理長の半分にも満たないが、階段を上がり続けているだろうか。
 おかげさまで毎回いろんな分野のさまざまな人にお会いすることができて、新鮮な気持ちは持ち続けることができている。けれど上がった階段の上で前を見なければ、違う景色は見えないのだ。足元や後ろを見ていては、そこに広がる景色はわからない。上がるために一歩を踏み出すこと、顔を上げてしっかりと前を見ること、どちらもとても勇気とエネルギーがいるに違いない。


 森料理長のスゴさは、どうぞ番組を見てください。ゴールデンウィークの忙しいさなか、うちのディレクターがぴったり2日間密着して撮らせていただいた秘蔵映像が満載です。
 「怖い人で、厳しい人で、でも温かいところもあります」と、厨房で働くスタッフが語ってくださったとおりの料理長がたっぷり映っています。


 取材を通して想ったこと。私のような若輩者が口にするのはとても僭越なのだが、

 ─── なんてまっすぐな人なんだろう

 仕事に対しても生き方に対しても、真ん中にすっと一本筋が通っている。そんな素敵な人生の先輩に、また一人お会いすることができてとても幸せなひと時でした。
 

 そうそう、森料理長のまっすぐで純粋なことを表すとっておきのエピソード(ハプニング?)が取材中にあったのですが。インタビュー後、自分でも予期しなかった現象に照れまくりの料理長、同席した広報の女性スタッフに「お前、絶対にこのことみんなに言うなよ」と必死で口止めしていらっしゃいました。
 というわけなのでここには書けませんが(残念)。そんなお二人のやり取りを見ながら「あぁ、こんな上司の元で働けたら楽しいだろうなぁ」と想わずにはいられませんでした。


 ロケの後、うちのディレクターは「今度プライベートで食べにいらっしゃい」と声をかけていただいたとか。その時はぜひ私も誘ってください。ね。



 この模様は、5月9日(日)の東海テレビ「スタイルプラス」で放送される予定です。
 最後になりましたが、森総料理長、田口さん、そしてスタッフの皆さん、お忙しい中をほんとうにありがとうございました。おかげさまで素敵な番組に仕上がったと思います。この場を借りて心よりお礼申し上げます。

[PR]